日本の旬な情報をお伝えする情報サイトです。

JPベストナビ

仕事

【面接に受からない!】本当の理由とその攻略法

投稿日:

何社受けても中々面接が受からない。自分なりに色々と工夫してみたものの結果は同じ……。そうなってくると、もう面接に行くのすら億劫になってしまう。そんな負のループにはまってしまっている方もいるのでは?今回は、何故面接が受からないのか、またその攻略法を追究していきます。

面接に受からない時こそ成長のチャンス

何社受けても中々面接に受からない。次こそはと思って挑戦しても結果は同じ。そんなことを繰り返していくうちに、自分はダメな人間だと落ち込んでしまっている方も多いのでは?でも、それはちょっとだけ考えを変えてみたり、攻略法を使えばクリアできる問題かもしれません。

また、面接に受からない時ほど人として更に成長するチャンスでもあるのです。ピンチをチャンスに変えることが出来たとき、きっとあなたは人として一回りも二回りも成長出来るはず。そして、逆に人から尊敬されるようなMr.JOOYのような人間を目指しましょう。

就活面接が受からない人の特徴とは?

オドオドしてしまう

何を聞かれるか分からないというプレッシャーなどからオドオドしてしまっていませんか?また、オドオドに加え緊張から相手の目を見て話せていなかったり。そういった態度は残念ながら、面接官に決していい印象を与えることはありません。

喋り方が雑

質問に対しての回答が雑になっていませんか?例えば、聞かれた質問に対してマニュアル通りの答えしか出来ていなかったり、何度も面接に落ちてしまっているが故にどこか投げやりな回答になってしまっていたり。

喋り方一つであなた自身の性格すらも判断されてしまうので、意識して喋ることを心がけなければいけません。

質問と答えが噛み合っていない

面接というのは、あなたと企業側のコミュニケーションの場の一つになっています。その為、あなた自身のことを知りたいと思い様々な質問を投げかけてくるはず。しかし、その質問に対して見当違いな回答をしてばかりでは中々次に繋げるのは難しくなってくることでしょう。

普段の会話と同じで、話が噛みあわない人とは距離を置きたくなってしまうものです。

受からない人がやりがちな痛恨ミス

自己PRが長い

自分のことを少しでも良く見せようとダラダラと話してしまっていませんか?特に自己PRは自分のことを知ってもらう大事な場でもあります。しかし、いくらアピールしなければいけないといっても、あれもこれもとどこかで聞いたことがあるような、長所をダラダラと並べられると、聞いているほうも飽き飽きしてしまうはず。

積極性の見えない受け身の姿勢

面接官の言う言葉に全て同調したり、自分の意見を中々言えなかったり。そんな受け身ばかりの姿勢では、中々一緒に働きたいとは思われないでしょう。面接をする際、企業側はもしこの人と一緒に働いたらどのような姿勢で取り組むかと想像しながら面接を行います。

その為、積極性の見えない態度では、一緒に働いた際もそうなんだろうと判断されてしまいます。企業側は、ただのイエスマンを求めているのではなく自分から進んで仕事をしてくれる人を求めていることが多いはずですから。

前職の不満を思わず言ってしまう

中途採用で多い質問の一つに、「何故以前の職場を退職したのか?」という質問があります。ここで気を付けなければいけないのが、どのような理由があったとしても決して前職の不満を言ってはいけません。不満ばかり言う人間は、決していい印象を与えることはなく、またもし自分の会社に入ったとしても同じことを繰り返すのでは?と思われてしまいます。

就活面接で受かる人に学ぶ3つのこと

根拠のあるやる気を見せる

面接に受かる人の特徴の一つとして、やはりやる気のある人は一緒に働きたいと思われます。また、ただのやる気ではなく根拠のあるやる気があるかどうかが大事になってきます。何故、この会社を選んだのかこの会社に入ったら、このようなプロジェクトに取り組みたいなど仕事に対する前向きな姿勢が見えると、他の人と差をつけられることでしょう。

ぶれない信念を持つ

あなたは仕事に対する信念がちゃんとありますか?この信念があるかないかでは、仕事に対する姿勢が大きく変わってきます。企業側も熱い想いを持った人と一緒に働きたいと思うはず。自分はこのような信念を持って仕事に取組み成功させたいという想いは、面接官の心に響くことでしょう。

ミスを恐れない素直さ

どんなに完璧と言われている人でも、必ずミスはしてしまうもの。確かにミスは出来るだけしないほうがいいに決まっていますが入社してばかりの時など、どうしてもミスしがちになってしまうはず。大事なのはミスをした後。ミスしてしまったことを素直に謝り、周りの意見に耳を貸しそのミスすらも次の仕事に生かせるような人間を企業は求めているのです。

面接の際は、素直な気持ちや前向きな姿勢で取り組むことを積極的にアピールしてみましょう。

面接前にチェックしたい4つの項目

自分の声の印象をチェックする

自分の声を客観的に聞いたことがあるという人は少ないはず。実は、あなたが思っている聞こえ方と人が聞いている印象は違う場合が多いといいます。最近では携帯電話などにも録音機能があるので、一度模擬面接の様子などを録音して自分の話している声を聞いてみましょう。

そうして、自分がどのように話しているか確認することによって、もっとこうして話したほうがいい、もっとゆっくり話したほうが良く聞こえるなど、自分のことが客観的に見えることでしょう。

受ける会社の情報収集

面接の際に大事になってくるのが、事前に受ける会社の情報収集をしておくこと。最近ではインターネットで会社のホームページを調べることも出来るので、そこでどのような仕事内容なのかや企業理念など会社の情報を少しでも集めておきましょう。

受ける会社の魅力を確認

会社の情報収集が終わったら、その会社の魅力を再度確認してみましょう。あなたは何故、この会社を受けたいのか?それは、あなたが惹かれる会社の魅力があるから。どのようなところに惹かれ、何故働きたいのかしっかりと自分の中に落とし込み、自分の言葉でその会社の魅力を話せるように練習しておきましょう。

清潔感ある格好を心がける

面接においては、やはり見た目も重要なポイントの一つになってきます。面接というのは限られた時間で行うため、第一印象はとても大事になってきます。清潔感ある恰好でハキハキとした姿勢で取り組むと、もっとこの人と話がしてみたいと思われるはず。少しでも自分のいい印象を残すためにも、見た目にも気を遣うようにしましょう。

前向きな姿勢で面接に挑もう!

面接に中々受からないと悩んでいる人は、少しだけその方法を変えてみると結果は変わってくるかもしれません。あなたにとっては、何度もあるうちの面接の一つかもしれませんが、企業からしたら貴重な一回になるのです。その為、一つ一つの面接に誠意を持って挑む姿勢が大事なのかもしれません。

過去の失敗も自分の成長するための機会だったのだと前向きにとらえ、次の面接に向けて更に成長していきましょう。

-仕事

Copyright© JPベストナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.