JPベストナビ

日本の旬な情報をお伝えする情報メディアです。

こどもに使ってもいい頭痛薬、使っていけない頭痛薬

   

こどもに使ってもいい頭痛薬

こどもに与える頭痛薬は、単一成分のものが依存性が低く、安全だといわれています。さらに、こどもの片頭痛に市販の頭痛薬を飲ませる場合には、イブプロフェンかアセトアミノフェンがいいといわれています。

日本頭痛学会でも、こどもの片頭痛の薬として、この2種類が効果的だと指摘しています。

使っていけない頭痛薬

こどもに使っていけないといわれる頭痛薬は、アスピリンを含む頭痛薬といわれています。

ウイルス性の病気にかかった15歳未満のこどもにアスピリンを投与すると、激しい嘔吐や意識障害、けいれん、肝機能障害などを起こし、死亡することもある「ライ症候群」を発症する可能性があります。

ウイルス性の病気なのか、ただの風邪なのかなんて、簡単に区別なんてできません。

しかも、アスピリンの服用によって、「アスピリンぜんそく」を起こすこともあるといいます。片頭痛のこどもは、ぜんそくやアレルギー性の病気を持っていることが多いことも、アスピリンを使ってはいけない理由の一つです。

通常、こどもの頭痛薬には、アスピリンは含まれていないので安心してください。おとなの頭痛薬を量を減らして飲ませるという話を聞きますけど、これは危険なのでやめてください。

 - 健康