日本の旬な情報をお伝えする情報サイトです。

JPベストナビ

健康

顎関節症の治し方で悩んでる方必見!4つの原因や6つの症状|対策方法は

投稿日:

顎関節症で苦しんでいる人は少なくないのではないでしょうか。一度、顎関節症になると、食事の際に痛みが走ることもあるので注意が必要なのです。それでは、顎関節症の治し方にはどのようなものがあるのでしょうか。また、そもそも、顎関節症の症状や原因にはどのようなものがあるのでしょうか。顎関節症に関する情報をまとめました。

顎関節症の治し方って?

顎関節症の症状にはどのようなものがあるかご存じですか?また、顎関節症の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

顎関節症は一度なってしまうと、食事の際にも痛みが走ったり、あくびをするにも十分に顎が開かなかったりと様々な障害があります。顎関節症の治し方を知りたいという人は多いでしょう。また、顎関節症にならないための予防方法を探している人も多いのではないでしょうか。

この記事では、顎関節症に関する様々な知識をまとめました。治し方にも様々な種類があるので、そちらもまとめました。顎関節症に苦しんでいる方も、顎関節症の予防方法や治し方を探している方も、ぜひ参考にしてみてください。

顎関節症ってどんなもの?

顎関節症とはそもそもどのような症状のことを言うのでしょうか。顎関節症の簡単な症状の紹介や、チェック方法についてご紹介します。

顎の機能低下

顎関節症では、主に三つの症状が見られます。それは、口が開かない、顎を開けたときにカクっというクリック音がする、食事の時に痛みが感じられるというものです。

顎関節症を発症して病院に来るのは女性の方が多く、病院に来るときには、顎だけではなくこめかみや顎関節の周辺にも痛みを感じていることが多いようです。この顎関節症は珍しい症状というわけではなく、顎の症状を持っている人は全体でもかなり多いようです。

顎関節症は顎の機能が低下しているということもできますが、この低下の原因には生活習慣が大きなものとして挙げられます。初期症状として、顎を開閉させたときのクリック音が挙げられますので、この段階で病院を訪れる、日常生活の週間を改めることなどをすれば、自然と治ることも多いようです。

放っておくと慢性化する恐れも

顎関節症は放っておくと痛みが慢性化してしまう可能性もあります。こうなると難治性の顎関節症になり、なかなか治りにくくなってしまいます。

顎関節症は、初期症状が出てから治療を始めるまでの期間ができる限り短い方が、しっかりと治りやすくなります。痛みが出てきたら特に、放っておくのではなく慢性化を防ぐためにも専門医のところに行って治し方を探した方が良いでしょう。

どちらにしても、顎に異常を感じるときには放っておくのではなく、病院に行かないまでも生活を見直してみるようなことが必要でしょう。

チェック方法

顎関節症は、自分でも簡単なチェックをすることができます。チェック方法の一つ目は、まずは口の開閉に痛みを伴っていないかということです。もう一つは、硬いものを食べたときに顎が痛まないかということです。さらに、口を大きく開けられるか、曲げずにまっすぐに開けることができるかという項目も含まれます。

性格には、点数をつけてチェックすること可能ですが、顎の痛みを感じているときには顎関節症を疑ってよいのかもしれません。ほかにも、顎を開け閉めした時に音が鳴るなどの初期症状が見られる場合には、顎関節症の疑いが強まります。一度自分で確認してみると良いかもしれません。

自力で治す方法はある?

難治性の顎関節症でない場合には、積極的な治療はあまり必要ありません。歯を削るような治し方では、顎関節症が治った後にも戻すことができません。また、治療費が高いという問題もあります。その上に、再発の可能性もないわけではありません。

もちろん、痛みが大きい場合には何らかの治療をしなければいけませんが、自力で何とか治すこともできるのではないでしょうか。顎関節症の場合には放っておいても自然に治るということがあるようなので、特に何かをする必要はありませんが、悪化させないように気をつけなくてはいけません。

そのためには、下記の予防対策の項で詳しく触れますが、姿勢に気を付けるなど、普段の生活を見直すことが大切なポイントとなります。また、温めたり、マッサージすることで痛みが減るほか、難治性の顎関節症になってしまうのを予防することができます。

身体の力を抜いた生活を送ることを心がけていれば、自然と治ってしまう顎関節症もあります。ただし、痛みがひどい場合には、専門医の元で診てもらった方が良いかもしれません。難治性の顎関節症の場合には、他の病気と併発していることもあるのです。軽い痛みではないときには、専門医に診てもらうようにしてください。

顎関節症の症状

顎関節症はどのような症状のことを言うのでしょうか。初期の症状では顎の開閉でクリック音が鳴るようなことが挙げられますが、そのほかには、どのような症状があるのでしょうか。顎関節症の症状を見てみることにしましょう。

顎関節の痛み

顎関節症の症状の中で最初に挙げられるのは、顎を動かした際に感じる痛みです。顎関節の痛みは、骨同士が接している場所に炎症が生じるほか神経過敏となるので、顎を動かした刺激で痛みを感じるようになってしまいます。

ただし、顎関節症で感じる痛みは顎関節の痛みだけではありません。顎関節を動かすときに使う咀嚼筋の筋肉痛も顎関節症の痛みの一種です。筋肉を動かしたときに痛みが感じ、ある一定の場所で鋭い痛みが一瞬訪れると言った特徴があります。

顎関節症には多様な症状がありますが、その中でも一般的なものがこの痛みです。ただし、初期症状の内に治しておけば痛みがひどくなることはありません。ですが、慢性的に痛みを感じるようになってしまうこともあるので、痛みを感じ始めたら無理はしない、対処法を試すことが大切です。

噛み合わせのずれ

噛み合わせのずれは、ものを噛むときに使う咀嚼筋の機能が低下してしまっているときに起こりやすくなります。咀嚼筋の筋力低下は顎関節症と関係が深いので、こうしたことから、顎関節症になると噛み合わせのずれも一緒に起こることになるという可能性があります。

必ずしも噛み合わせのずれが起こるわけではありませんが、噛み合わせのずれも一緒に起こる可能性が高いので、歯科では一緒に確認されるかもしれません。

顎のゆがみ

顎関節に異常が起こると、顎が歪んでしまうようなことも起こります。関節が左右で非対称になってしまうこともあり、非対称になると余計に顎関節に負担がかかるようになるという悪循環になってしまいます。

顎関節症の痛みによって片方だけで噛んでいる、食いしばりがひどく、顎関節にかかる負担が大きいというときには、特に顎が痛むでしょう。これは、顎関節が歪んで炎症を起こしているからであり、この痛みを避けるための行動が、さらに顎関節の歪みを増幅させてしまうことも起こります。

肩こり

顎関節症の症状は顎が痛むことや、顎が開かなくなることが一番に挙げられますが、肩こりも一緒に酷くなることが多いようです。この理由は、顎の筋肉と肩の筋肉が一部で連結しているからということが挙げられます。顎の筋肉が緊張すると肩の筋肉の収縮にもつながるため、肩が痛むのです。

最初は顎関節症ではないと思っていても、肩こりがあまりに治らないようなときには、顎の筋肉の不調が原因かもしれません。しつこい肩こりに加え、顎の痛みが出てきたら顎関節症だと思ってよいのかもしれません。

めまい

めまいは一般的に、耳の奥にある三半規管などの不調によって起こる現象です。これは顎とは全く関係がないように思われますが、歯や顎の治療をしたときにめまいを感じる人は少なくありません。一説では、耳や歯、顎を結ぶ血管同士の連絡があることが原因だと説明されています。

原因不明なめまいを感じているときには、顎関節などの顎の不調が原因かもしれません。顎関節症の場合には、一番大きな症状は関節の音や痛みですが、同時にめまいを発症してもおかしくないということなのです。

頭痛

顎関節症の原因に食いしばりがある場合には、頭痛を併発している可能性もあります。これは筋緊張性頭痛と言われ、顎関節症の中でも筋肉の痛みを伴う症状が出ている場合には、頭痛も一緒に出ることが多くなります。

筋緊張性頭痛では、頭が重くなったように感じたり、締め付けられるような痛みを感じるときに起こります。ものを噛むときに使う咀嚼筋がありますが、実は、この筋肉は一緒に側頭筋を動かしています。つまり、食いしばって筋肉を使っているときには側頭筋も使っているということなのです。

筋緊張性頭痛を持っている方は、主に頭の横の部分やこめかみに痛みを感じているのではないでしょうか。顎関節症と一緒に起こりかねないこの頭痛の症状が出ている場合には、マウスピースなどを利用した治療を行うことで、顎関節症と一緒に和らげることができます。

顎関節症の原因

顎関節症の原因にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。顎関節と言うと食事に原因があるように思えますが、実は、日常生活での習慣も大きく関係しているのです。顎関節症の原因を見てみることにしましょう。

姿勢の悪さ

顎関節症には姿勢の悪さが原因になることがあります。特に、猫背を続けていると、顎関節症の原因になります。猫背で首を前に突き出していると、首の前の筋肉に負担がかかって緊張状態になります。口を開けるときには首の前の筋肉を使うのに、ここが緊張状態で疲れてしまうと、顎が開けにくくなってしまうのです。

また、筋肉をずっと緊張状態にしていることで、筋肉痛にもなります。これが、顎関節症の痛みの理由の一つになるのです。猫背を続けていると顎に負担がかかるのは間違いありませんから、顎関節症になってしまったときの理由の一つには姿勢の悪さを挙げることができるでしょう。

噛み合わせ

以前は噛み合わせが顎関節症の直接的な原因と言われていました。現在では、顎関節症の原因はもっと多角的なものであり、噛み合わせに限らないという見方をされることが多くなっています。ですが、だからと言って顎関節症に噛み合わせが関係ないというわけではありません。

噛み合わせが悪いときは、咀嚼筋や顎関節に大きな負担をかけることになります。噛み合わせに不安がある方が顎関節症になってしまった場合には、原因の一つには噛み合わせがあると考えて間違いないでしょう。

ストレス

ストレスが大きい環境でも顎関節症になる可能性が高くなります。ストレスそのものが顎関節症に直接に関わっているわけではありませんが、ストレスがかかって歯を食いしばることで顎関節症になりやすくなってしまうのです。歯を食いしばって顎をかみしめる癖がある方は、特に顎関節症に注意してください。

これとは逆に、顎関節症によっておこる歪みが頭蓋骨の歪みにもつながり、このことが自律神経にも影響を及ぼすと言われています。自律神経は興奮や沈静などの精神的な働きに大きなつながりがありますので、顎関節症になったことで自律神経失調症、うつ病になる可能性も高くなるようです。

つまり、顎関節症の原因としても精神的なストレスが挙げられますし、顎関節症が原因となって精神的な病気になる可能性も高まるということです。顎は精神にかかわりが深いということができるのかもしれません。

外傷

顎関節症は、メカニズム的には、耳の前方あたりにある上顎と下あごの関節に異常が表れることで起こります。上顎と下顎のスライドするような動きがうまくいかない原因には周囲の筋肉なども大きく影響しています。

ですが、関節そのものに外から大きな負荷がかかった場合にも顎関節症は起こります。事故でものがぶつかって外からひどく負担を受けたときには、顎関節症になることもあるのです。日常生活に気を付けていても、外傷で顎関節症になってしまう可能性も、残念ながら排除することはできません。

顎関節症の予防と対策

顎関節症はならないようにするのが一番大事です。それでは、顎関節症を予防する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。顎関節症の予防や対策方法をまとめました。

片側に偏った噛み方はしない

顎関節症の原因として、左右の顎に不均等に力がかかってしまっていることが挙げられます。左右不均等にかかっている力を均等にするためには、できる限り両側で噛むようにしなければいけません。気が付いたらいつも同じ側で噛んでいたということはありませんか?

顎関節症の対策、予防を行うためには、まずは食生活の習慣を正しましょう。食べるときには、必ず両側を均等に使っていることを確認してください。また、テレビの方向を向いているなど、不自然な体勢で食べると左右に不均等に力がかかりがちになってしまいます。

食事をするときにはまっすぐ座って、両側を使って食べることが重要です。また、奥歯と前歯の中間あたりも使って噛むなど、できる限り口全体に均等に力がかかるようにして食べると、どこか一か所に負担が大きくなるようなことは避けられます。

頬杖をしない

頬杖は顎関節症には良い習慣であるとは言えません。顎の先に手をつく頬杖は咀嚼筋が緊張して硬くなってしまうことが多いため、顎関節に痛みを感じることが多くなります。頬に手をつく頬杖では顎関節に想い負担がかかるので、やはり顎関節症になりやすい状況を作ってしまいます。

また、顎関節のあたりに手をつくタイプの頬杖でも、骨を歪めるような圧迫が起こってしまうので、顎関節には負担が大きい動きです。このことから考えると、顎関節症を予防するためには頬杖をつかないのが一番良いでしょう。

歯ぎしりをしない

顎関節症を予防するためには、顎の周囲の筋肉をリラックスさせることが大切です。顎の周りに力が入ってしまっていると、顎関節に負担がかかってしまうからです。特に、食いしばりには気を付けることが大切でしょう。

食いしばりは無意識に行ってしまっていることがあります。普通は何もしていない時には常に上下の歯が離れている状態なのですが、もし、上下の歯がくっついているときには注意しましょう。食いしばりは意識しないと治すことができないので、気付いたときに食いしばっていることがないか確かめてみてください。

正しい姿勢を心がける

顎関節症の原因の一つとなる猫背を矯正することは、顎に対する負担を少なくするために役立ちます。猫背でずっと長いこと姿勢をキープしていると常に顎に負担がかかってしまうので、正しい姿勢で仕事することを心がけましょう。

猫背が癖になっている人は、一度整体院に行ってみるのも良いかもしれません。原因となっている猫背を治すことで顎関節症の痛みが楽になることもあるでしょう。また、顎にかかる負担をなくすことで、顎関節症になる原因を取り除くことができるので、正しい姿勢を心がけることは有効な予防法の一つだということができます。

顎関節症の治し方について

顎関節症は一度なってしまうと、不快な症状が続きます。あまりに酷くなると痛みで食事が苦痛になるので、早めに治しておいた方が良いでしょう。顎関節症の治し方についてまとめました。治し方はたくさんあるので、この中から自分に合ったものを選ぶようにしてください。

どこで治療を受ける?

顎関節症で病院に行く場合、まず思いつくのは歯医者ではないでしょうか。歯科医でも、顎の治療を行ってくれる人がいますから、こうした歯科に行けば顎関節症やその治し方に対してアドバイスをしてくれます。歯科で顎関節症を見てもらうことができるかは、直接ホームページを確認してみてはどうでしょうか。

総合病院などでは、何かに行けばよいのかわからないという人もいます。歯科に行っても良いですが、口腔外科がある場合には、そちらに行くと良いでしょう。口腔外科は顎関節症の治療も専門の範囲内ですから、治療の相談をすることができます。

不安がある場合には、必ずホームページでチェックして、電話などで直接確認するのも良いかもしれません。歯科とだけある場合には、顎関節症は専門ではないかもしれませんので、気を付けてください。

歯の治療

歯の治療と顎関節症は関係がないように思われますが、これは、片方に偏って噛んでしまう片噛みと大きく関係しています。特に、忙しくて歯の治療を途中で終わらせてしまっている場合には、無意識に治療途中の歯を避けようとして片噛みをしてしまっている可能性があります。

この場合には、まずは歯の治療を早めに完了させてしまった方が良いでしょう。顎関節症の治し方を考える前に、まずは歯を治してしまうのです。顎関節症の症状が進むと、歯の治療をするにも十分に口が開けられないようなことになってしまいます。顎の不調に気づいたら、歯の治療を行って型噛みを避けるようにしても良いのかもしれません。

マウスピース

マウスピースを使った治療法は、スプリント療法と呼ばれます。無意識に食いしばってしまう、寝ている間の歯ぎしりが多いような場合には、マウスピースを使うことで顎関節を安静な状態にすることができるのです。

必ずしもマウスピースを使った治し方が有効なわけではありません。顎関節の動きが異常な時などは関節の位置が固定されてしまうために、余計に顎関節症がひどくなってしまうこともあるのです。また、日中は吐けることができない点が欠点として挙げられます。

どちらかというと、顎関節症が発症してから長くたつ場合にはマウスピースは使わない方が良いようですが、軽度の顎関節症には有効ではないかと考えられています。

整体やマッサージ

顎関節症の治し方の一つには、整体やマッサージもあります。顎関節症は姿勢が歪んでいることや、顎の歪みが原因となるものですから、マッサージや整体によって身体の歪みを治すことで、顎関節症の症状が良くなることもあります。

こうした方法には、ヨガを利用した歪みの治し方もありますし、整体院を利用した方法もあります。ストレッチが好きな人は、ヨガを使ってみるのが良いでしょう。整体院でどこが歪んでいるのかを判断して身体の歪みを取ってくれます。また、自律神経失調症になっている場合には、自律神経を回復させるための整体も行うようです。

割りばし噛み療法

割りばし噛み療法は、自分で行うことができる顎関節症の治し方の一つです。ただし、この治し方は、首と顎のどこが歪んでいるかによって方法が変わりますので、まずは顎と首の歪みがどのようなものであるのかチェックが必要です。

まっすぐに姿勢を正した状態で顎を少し開き、ゆっくりと閉じます。その時に上下の歯はどこで最初に当たりましたか?

左右の前歯が最初に当たったという場合には、割りばしを左右の奥歯に深く加えて、50%くらいの力で優しく30回ほど噛んであげてください。左右の奥歯が当たる場合には、同じ運動を前歯で行います。顎関節症が改善しなければ噛んだままで首を前後に5回、左右に3回ずつゆっくり回してください。

右の歯が先に当たった場合には左の歯で、同じように優しい力で30回ほど割りばしを噛みます。左の歯が当たったときは、反対に右で噛んであげます。右の前歯、左の奥歯が先に当たる場合には右の奥歯と左前歯で、左前歯、右の奥歯が最初に当たるときには左前歯と右の奥歯で噛んであげましょう。

この方法は顎のずれを治す方法ですが、間違った方向で行うと、さらに歪みもひどくなってしまいます。怖いと思う方は、まずは、どちらの方向に歪んでいるのか専門医に調べてもらった方が良いかもしれませんね。

手術

顎関節の異常、歪みが激しい場合には手術が行われることもあります。この治し方は、かなり大きな異常が見られる場合のみ行われます。手術は耳の後ろを切開して顎関節を形成する方法もありますが、砂金では内視鏡を使った手術も行われるようになってきました。

これは本当に珍しいですから、顎関節症になったからと言っていきなり手術が行われるわけではありません。全て保険の範囲内で行われる手術ですが、生活の悪習慣を治すだけで顎関節症が治った方が良いにこしたことがありません。

顎関節症を治して快適な毎日を!

いかがでしたか?

顎関節症は顎に痛みが走るだけではなく、口が開かなくなって食事に支障をきたす可能性が高いものです。また、放っておくと慢性化して常に顎が半分までしか開かない状態になる、痛みが走ることが多くなるなど、不快な症状が多くなってしまいます。

それを防ぐためには、顎関節症になった時にしっかり治療をしておくことが大切です。治し方は様々にあるので、顎関節症になった場合にはどの方法を取るのか検討することが大切です。また、顎関節症にならないような生活を心がけることも重要でしょう。顎関節症の治し方を覚えるだけではなく、生活を見直す必要があるかもしれませんね。

-健康

Copyright© JPベストナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.