日本の旬な情報をお伝えする情報サイトです。

JPベストナビ

健康

気になる若白髪…原因と対処法を知って増やさないための努力をしよう

投稿日:

まだ若いのに白髪があるととても気になりますよね。白髪は年をとってから出るものと思われているので、自分自身だけでなく周りの人の目も気になってしまうもの。若白髪の原因と対処法、そしてこれ以上増やさないための予防法を知って、大切な髪をケアしましょう。

若白髪って…何歳までが該当するの?

通常、白髪は老化によりメラノサイトという細胞の働きが悪くなることでおこることが多いです。男性だと30代前半、女性だと30代後半くらいから白髪が出始めますが、この年齢より早く白髪が目立ち始める場合は、若白髪と言えるかもしれません。

髪が黒くなる仕組みは

そもそも生まれたばかりの髪の毛は黒くありません。髪の毛が生えてくる段階で、メラニン色素が髪の毛に取り込まれ黒くなっていくのです。そして髪の毛が黒くなるために必要なメラニン色素は、メラノサイトという細胞から作り出されています。そのためメラノサイトの働きが悪くなることで白髪が生えてくるのです。

知らなかった!若白髪の5つの原因

若白髪ができる原因は以下のようなものがあります。

遺伝

髪の毛は親からの遺伝の影響を受けやすいと言われています。そのため両親のどちらかが若白髪であれば子にも遺伝する可能性があります。若白髪がパッと見て分かるほど目立つ場合は、遺伝が原因である可能性があるかもしれません。

ストレス

一晩で髪が真っ白になったという話しを聞いたことがあると思いますが、まさにこれがストレスによる若白髪です。ストレスによっておこった血行不良が毛根への栄養にも影響して白髪となるのです。

ダイエットや偏った食事による栄養不足

髪の毛も食事から摂るたんぱく質やミネラルによって構成されているため、極端に栄養不足に陥るとメラニン色素が作り出されなくなってしまいます。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れからホルモンバランスが崩れると、成長ホルモンの分泌や血行不良をおこし若白髪の原因となってしまいます。

病気が隠されている場合

胃腸疾患や甲状腺疾患などで白髪が急に増えるケースがあります。原因がはっきりしない場合はすぐに病院を受診しましょう。

白髪を減らすために、自分でできること

若白髪の原因に遺伝が多いとはいえ、今ある毛根や髪の毛によりよいケアをすることで、白髪を減らすことができます。一度白髪が生えてしまっても、再び黒髪が生えてくる可能性はあると言われています。若白髪を減らすための対処法を知ってぜひ試してみて下さい。

和食でバランスの良い食事を!

ダイエットや食習慣の乱れによる栄養不足は毛髪の成長に大きく影響します。そのため、バランスのよい食事に心がけ、必要カロリーもきちんと摂りましょう。特に必要な栄養素はアミノ酸、ビタミン、ミネラルです。具体的な髪によい食材は卵、ナッツ、牡蠣、緑黄色野菜、鶏肉、豆類、鮭などです。
これらの栄養素をバランスよく取り入れるには、和食系の定食などがオススメです。特にバランスが偏り勝ちな外食時には、和定食を選ぶようにしてください。

ストレスは溜め込まず、睡眠は十分に

生活習慣が乱れることで寝不足になったり、ストレスを溜め込んでしまうと毛髪の栄養を運ぶ血流が滞ってしまいます。また、メラノサイトの働きが活発になるのは睡眠中なので、寝不足は若白髪の原因となってしまうのです。生活習慣を見直して、睡眠時間の確保、ストレス緩和に心がけましょう。

頭皮マッサージで栄養を届ける

頭皮はなかなか動かすことができないので、血流が滞りがちです。そのため頭皮と首のマッサージをして血流を促し、栄養を届けてあげましょう。

○頭皮と首のマッサージの仕方
①耳の上の生え際から頭頂に向かって指の腹を優しく滑らせてマッサージする
②次は耳の後ろの生え際から頭頂に向かって同じようにマッサージする
③耳の下から鎖骨に向かってリンパを流すように指の腹で優しく滑らす
時間があるときにいつでもおこないましょう。

白髪が気になる場合は染める

遺伝が影響の場合、白髪が全体に目立つ場合があります。そのときは白髪染めを利用するのも手です。白髪染めはなるべく頭皮に優しいものを選びましょう。無添加のトリートメントやシャンプータイプの白髪染めを利用したり、美容室の白髪染めなら市販のものよりは頭皮に優しいものなので、相談してみてもよいでしょう。

白髪を増やさないためには、こんなことに気をつけて

それではこれ以上白髪を増やさないための予防法はどのようにすればよいのでしょうか。基本的には先ほどお話した対策をおこないつつ、以下のような予防法を試して見て下さい。

×白髪を抜く→○白髪はハサミで切る

白髪を抜くことで頭皮に強い刺激がかかり、頭皮にとっては負担になります。気になるのであれば根元から抜くのではなくはさみで短く切るようにしましょう。

タバコを控え、コーヒーはノンカフェインに

タバコやカフェインは血管を収縮させてしまい頭皮の血行が悪くなります。なるべく控えるようにしましょう。ノンカフェインのコーヒーもあるので利用してもよいでしょう。

帽子をかぶって紫外線をブロック

紫外線も頭皮には強い刺激となります。帽子や日傘で予防して頭皮をケアしてあげましょう。また頭髪用の日焼け止めスプレーなどもあるので試してみてもいいかもしれません。

シャンプー選びのキーワードは「アミノ酸」

市販されているシャンプーは安価で手軽ですが、洗浄力が強く頭皮には刺激になります。なるべくアミノ酸系のシャンプーを選ぶとよいでしょう。自分の頭皮や髪質に合ったシャンプーが分からなければ、美容院で相談してみるとアドバイスをくれますよ。

若白髪の対策まとめ

若白髪の原因は遺伝以外では生活習慣が大きく関っています。偏った食事、睡眠不足、ストレスなど生活の乱れを整えることがまずは大切です。また、気になるようであれば白髪染めを上手く利用して、見た目の対策をおこなうことで、気持ちもゆとりがうまれるかもしれませんね。

-健康
-,

Copyright© JPベストナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.